オタ全開妄想全開痛い子全開
2017.11    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30   
--.--.--
Comment:×
Trackback:×
スポンサーサイト
>> スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
13.05.2009
Comment:×
Trackback:×
Submarine
>> LYRICS & POEMS
心の海の中に
置き忘れた宝物
探しに行こう

求めてるものは
見つからない、見当たらない
いつもならきっと
見つけてる、信じてる

諦めたくなるけど

深みへ落ちれば
落ちるほど
泡になるの

言えない気持ち
見つけてほしい
あなたのSubmarineで
照らすように

泡になってしまう
人魚になりたくないよ
言えない気持ちを
わたしに言わせて
スポンサーサイト
24.03.2009
Comment:×
Trackback:×
>> LYRICS & POEMS / Theme:詩・唄・詞 / Genre:小説・文学
悲しい時に、泣ければいいのに。

まだ理解しきれないけど、それが悲しいってことは確かなのに。

ねえ、どうして涙は私の元へ来ないの。

悲しい時に傍にいてくれるのは君だけだよ。

少しでも私を見ていてくれたなら、今すぐに走ってきてよ。

この瞳を潤して、この渇きを潤して、私の心を流してよ。

そうじゃなきゃ、心も体も炎に爛れてしまいそう。

この火傷を一生背負って生きろだなんて。

あなたの死を忘れようとしても、もう君はいないんだね。

さよなら、思い出という名の私の涙。
09.10.2008
Comment:×
Trackback:×
Lonely Alice
>> LYRICS & POEMS / Theme:詩・唄・詞 / Genre:小説・文学
さあ、物語を始めましょう。
孤独な少女の、永遠に終わることのない物語を。

世界は純粋な白で染められ、
白に解けて、溶けて、融けて、見えなくなっていく。
まるでそれは、ひとりぼっちでこの世界に生きる私のようでした。

世界は残酷な黒で塗りつぶされ、
黒に隠れ、惑い、怯えて、ただ消え去ってしまう。
まるでそれは、暗い部屋で眠りにつく私の心のようでした。

さあ、物語を始めましょう。
無垢な少女の、最初で最後の物語を。

さあ、その扉を開けてごらん。
色を亡くした世界に通じるその扉を。
世界は何色なのか、自分が何色なのか、君にはきっと分かるはずだから。

いってらっしゃい。
孤独なアリス。

---

PIAPROに置けないと判断したものはこちらに。
色を亡くした世界に、自分の色を探して迷い込んできた少女の話。
「ねえ、あなたは何色?」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。